2009年07月26日

期待外れ「ハンチョウ」最終回

「ハンチョウ」が最終回で終わってしまいました。

最終回は浅野ゆう子が医者役で出演していました。

今回は最後まで見るのが、つらかったです。すべてが予想通りで、結果もその通りでした。

浅野ゆう子が夜に繁華街を回って、少年や少女達に声をかけていくのですが、「麻薬はダメだよ」とか話しかけていくのですが、どこかで聞いたような話しですね。

夜回り先生ですね。夜回り先生は元々神奈川県の教師で、詳しいことはここでは省きますが、夜回りをして、少年、少女たちに声をかけて、死なないように、相談相手になっていく、そうなる理由があったりするわけです。

しかし、今回の浅野ゆう子の行動の理由が希薄で、全く説得力がありません。

だいたい、少年たちに声をかけるようになった原因が、かわいがっていた少女を助けることができなくて、それを悔いて、今、少年や少女を助けたり、相談にのったりする行動を取っているということでした。

かわいがっていた少女って、どういう関係なんですか。

元々、浅野ゆう子は夜回りはやっていませんよね。

また、警察に守ってくれと、言ったのに警察は助けてくれなかった。だから、警察は信用できない。

そうしたら、佐々木ハンチョウが謝罪するんですが、そうしたら、すぐに、警察を信用してしまう。早すぎます。

人間が類型的です。全然、人間が描けていないです。

ようするに、浅いんですね。ハンチョウと他のメンバーも人間を感じさせなくなってきました。

刑事ものですが、たぶんヒューマンドラマを目指していたと思うので、ただたんに、ハンチョウをスーパーマンとして、描くだけではなく、他の人間ももっと掘り下げてほしかったです。

また、最後に白バイの警官の細川がネットワークを使って、少年の居場所を探し出すのですが、完全にご都合主義です。

最近、面白いドラマがなくなって中で、視聴率をとれるタレントを使わず、実力派の俳優だけでがんばっていたドラマなのに、残念です。

ブログパーツ
posted by 感動テレビ at 20:45 | Comment(0) | TrackBack(1) | 国内ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

ハンチョウ 最終回
Excerpt: 今日、放送していたハンチョウ 今日、放送していたハンチョウTBS系列で放送してるハンチョウで今日の回では逢沢りながゲスト出演してたと思うのですが最初、何分頃から出てましたか?(続きを読む) 今..
Weblog: ハンチョウ〜神南署安積班〜
Tracked: 2009-08-11 15:54
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。