2009年07月08日

江角マキコのドラマ「マチベン」

江角マキコは最近はドラマではなく、ゴチで見ることばかりですが、NHKでかつて、放映していた「マチベン」のDVDの1枚目を見て、非常に面白かったので、また借りて見ました。

江角マキコさんはドラマに出ないのでしょうか?

江角マキコドラマを早く見たいので、是非、出演してほしいです。

このドラマは法廷ものですが、サスペンスの要素も強く、必ず、最後にドンデン返しがあり、楽しめます。

全部で6回完結ですので、3枚借りれば一気に全部見れますので、何か面白いものないかなあとツタヤで迷ったときは、是非、借りて見てください。

がっかりしませんから。

今回は第4回について、紹介します。

第4回は岸部一徳が安楽死を希望するが、医者にそれはできないと言われ、安楽死できるように訴えを起こすというものです。

なぜ、安楽死を望むのかというと、死ぬためではなく、最後まで自分でありつづけたいのだ。つまり、自分のまま自分の生を全うしたい」と言うのです。

早く楽になりたいというのではなく、生きるために、死にたいのだというのです。

岸部一徳は脳をガンに冒されているようで、自分で思ってもいないことや行動で周りにものに迷惑をかけたくないのだと言うのです。

でも、家族もいない、孤独な人間なのです。

でも、彼を看護する看護士の娘がいろいろ面倒をみてくれます。

彼の依頼を引き受ける弁護士はいません。そこで、江角マキコが依頼を引き受けます。今まで、安楽死を認めた裁判はないということを承知で。

結局、裁判では負けてしまいますが、その裁判で承認として、法廷に来た看護士の娘が、実はかつて、岸部一徳が捨てた女性の娘だったのです。

そのことを岸部一徳は知っていて、病院と看護士を指定して入院したということが後でわかります。

だけど、死の瀬戸際にきて、やはり身内の元で死にたいと思って、娘のいる病院に来たことがわかります。

だけど、岸部一徳は自分が父であることは、絶対に娘には知られないようにしています。

法廷で、そのことが明かになるというか、実は娘の方も口には出さなかったけれど、会ったときから気付いていたというのです。

結局、江角マキコは裁判には負けてしまったが、岸部一徳が安らかに死んでいけるように、導いたということになるわけですね。

よくできたドラマですね。

当時は見ていなかったので、、知りませんでした。見なかったドラマの中にはけっこう良いものが埋もれている可能性がありますね。

今後もDVDでちょこちょこ借りて見てみようと思います。

このドラマにはジュリーこと沢田研二もマチベン役として出演しています。今回は岸部一徳の高校時代の友人という設定でしたが、タイガース時代の友人だろとつっこみを入れたくなりました。

ブログパーツ



posted by 感動テレビ at 21:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 国内ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月06日

2009年上半期ドラマ視聴率ランキングについて

2009年の上半期のドラマ視聴率ランキングというのを雑誌で眺めてみました。

少しずつ、新番組がスタートし始めましたが、上半期でのドラマいかがだったでしょうか。

ドラマの視聴率というのは15%がひとつの基準のようです。15%を上まわれば、合格と考えるみたいです。

それで、今回、その合格点をとった番組は2つだけでした。

1位「MR BRAINN」20.5%
2位「BOSS」   17.0%

(ビデオリサーチ社の関東地区のデータの平均値)

偶然にも、横文字のタイトルの番組でしたね。なおかつ、両方とも刑事ものですね。

どうやら、最近はこのような刑事物というか犯罪ものがはやりのようです。

考えてみれば、2時間ものはほとんど全部といっていいくらい、サスペンスものばかりですね。

連続ドラマでも犯罪ものの「相棒」が映画でもヒットを最近では飛ばしていましたね。

どうしてなんでしょう。

今月号の「日経エンタテインメント」で分析していましたので、なるほどと、感じさせる内容でしたので、ちょっとだけ紹介しますね。

今の世の中、録画してドラマを見るスタイルというのが、多くなっていて、それが、影響を及ぼしているみたいです。

ようするに、録画すれば、リアルタイムで見る必要がないわけですね。

それで、制作者はどうやって、リアルタイムでテレビを見てもらうかということを考えたようです。

つまり、刑事ものは謎解きというものがあるので、答えを早く知りたいという視聴者の気持ちを利用しているのだとか。

ただ、今までの刑事ものだとマンネリ化して、あきられてしまう。

そこで、犯罪ものも、変わり者の刑事、古くは古畑任三郎、最近では「相棒」の水谷豊を主人公にしたり、主人公が刑事ではない「ガリレオ」の福山雅治のような感じで、ただの刑事物にしない工夫をしてあきられないようにしているらしい。

もう、一つの方法は1回完結を利用する。

つまり、大物ゲストを毎回登場させることで、話題性を持たせ、視聴者の関心を引き寄せるということです。

そういえば、「MR BRAIN」はGACKT、亀梨和也、小雪、相武紗季、仲間由紀恵 「BOSS」は武田鉄矢、山田孝之、小西真奈美、富田靖子、反町隆史などの大物が出演しましたね。

今後はこのようなドラマのスタイルが続いていくのでしょうか。

まあ、面白ければ、それでいいんですけどね。

今回は「日経エンタテインメント」の記事の内容を元にしています。興味を持たれた方は是非、本のほうもごらんになってください。 



posted by 感動テレビ at 20:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 国内ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月05日

「モヤモヤさまぁ〜ず2スペシャル」ハワイ

今日の昼間、テレビ東京で「モヤモヤさまぁ〜ず2スペシャル」を見ました。

この番組はいつも木曜日の深夜に30分の番組でやってます。

先週は「千歳烏山」というところを「さまーず」が大江アナとブラブラしていました。

元々、この番組はもやっとした場所のもやっとした店や場所をさまーずが紹介といいますか、いじっていく番組です。

今回がスペシャルだったのは、ハワイのもやっとしたところを、回っていったからです。

ハワイにもけっこう変わったところがあって、神社だったり、Tシャツ屋さんだけど、店の人が変わっていたり、面白かったり、するんですね。

有名人が何となくブラリと町を訪ねていき、そこにいる人々とふれあっていくという番組は最近はけっこうありますね。

ぶらり途中下車とか所ジョージのダーツの旅とかNHKで鶴瓶もやってますね。

ただ、このさまーずの番組は演出なしで、ぶっつけ本番でやっていて、いろんな状況でも、さまーずが面白くしているんですね。

つぶやきシローがピンチヒッターで半分くらい出たことがあるんですが、面白くなかったです。

さまーずはやはり、実力があるということなんでしょう。

ごらんになったことがない方は一度ごらんになってみてください。

けっこう、楽しめますよ。

DVDも売れまくっているようです。


ブログパーツ




posted by 感動テレビ at 19:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ バラエティ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。